日本の祝祭日

現在の国民の祝日

「国民の祝日に関する法律」で定められている国民の祝日は次の17種類です。

 

元日

成人の日

建国記念の日

春分の日

昭和の日

憲法記念日

みどりの日

こどもの日

海の日

敬老の日

秋分の日

体育の日

文化の日

勤労感謝の日

天皇誕生日

振替休日

国民の休日

戦後の祝日記事一覧

元日

「年のはじめを祝う」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初から国民の祝日と定められています。四方節という祭日が、この法律によりその趣旨と名称を代えて国民の祝日になりました。日本以外にも多くの国で、この日が祝日とされています。

≫続きを読む

成人の日

「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定時は1月15日でした。その後、平成12年に法律が改正され、1月の第2月曜日に変更になりました(ハッピーマンデー制度)。成人の日は、もともと、前回の成人の日の翌日から、1年...

≫続きを読む

建国記念の日

「建国をしのび、国を愛する心を養う」ための日です。昭和41年の「国民の祝日に関する法律」改正により制定、翌42年から国民の祝日となりました。同法では、その日付を「政令で定める日」と規定され、「建国記念の日となる日を定める政令」の中で、2月11日と定められています。このような規定のされ方は、建国記念の...

≫続きを読む

春分の日

「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初から国民の祝日と定められており、春季皇霊祭という祭日が前身となっています。春分とは二十四節気のうちのひとつで、3月21日頃です。同法律上は日本時間で地球が春分点を通過する日とされており、国立天文台が発表して...

≫続きを読む

昭和の日

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ための日です。4月29日は昭和天皇の誕生日ですので、昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初は「天皇誕生日」(現在は12月23日)でした。昭和天皇が亡くなられた後は、「みどりの日(自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊...

≫続きを読む

憲法記念日

「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初から国民の祝日と定められています。昭和22年5月3日に現在の日本国憲法が施行されたことを記念し、制定されました。ちなみに日本国憲法の公布日である11月3日は、「文化の日」とされています。

≫続きを読む

みどりの日

「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ための日です。もともと、「みどりの日」は4月29日として平成元年の「国民の祝日に関する法律」の改正で国民の祝日に制定されました。(それ以前、は同日は「天皇誕生日」という名称で祝日となっていました。)平成17年の「国民の祝日に関する法律」改正...

≫続きを読む

こどもの日

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初から国民の祝日と定められています。5月5日は、端午の節句として昔から男の子の健やかな成長を祝う日でした。また、「児童愛護デー」の活動を行っていた大正時代の団体が、こどもの日...

≫続きを読む

海の日

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ための日です。平成7年の「国民の祝日に関する法律」改正により、翌8年から国民の祝日とされました。制定された当初は7月20日でしたが、平成15年の同法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月第3月曜日に移動しました。国民の祝日とされる前は、同日は「...

≫続きを読む

敬老の日

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ための日です。昭和41年の「国民の祝日に関する法律」改正により、国民の祝日とされました。制定された当初は9月15日でしたが、平成13年の同法改正(ハッピーマンデー制度)により、9月第3月曜日に移動しました。また、「敬老の日」を第3月曜日に変更...

≫続きを読む

秋分の日

「祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初から国民の祝日と定められており、秋季皇霊祭という祭日が前身となっています。秋分とは二十四節気のうちのひとつで、9月23日頃です。同法律上は日本時間で地球が秋分点を通過する日とされており、国立天文台が...

≫続きを読む

体育の日

「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ための日です。昭和41年の「国民の祝日に関する法律」改正により、国民の祝日とされました。制定された当初は10月10日でしたが、平成12年の同法改正(ハッピーマンデー制度)により、9月第3月曜日に移動しました。昭和39年10月10日に東京オリンピックの開会式...

≫続きを読む

勤労感謝の日

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初から国民の祝日と定められています。同法制定前は「新嘗祭」という祭日でした。11月3日は、明治6年より休日となっており、日本では最も古くからの固定日の休日とされています。

≫続きを読む

文化の日

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ための日です。昭和23年の「国民の祝日に関する法律」制定当初から国民の祝日と定められています。昭和21年11月3日に日本国憲法が公布され、同憲法が戦争放棄をうたっていることから、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という日、「文化の日」に制定されました。また、11...

≫続きを読む

天皇誕生日(12月23日)

「天皇の誕生日を祝う」ための日です。平成元年の「国民の祝日に関する法律」改正により、昭和天皇の誕生日であった4月29日から今上天皇の誕生日である12月23日に移動しました。在位中の天皇の誕生日をお祝いする日であるため、新たな天皇が即位すると、同法の改正を行い、国民の祝日の日付が変えられます。また、同...

≫続きを読む

振替休日

昭和48年の「国民の祝日に関する法律」改正により規定された制度で、その後、平成17年に現在の形に改正されました。「「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする」という規定が盛り込まれました。すなわち、国民の祝日が日曜日と重なった場合、休日が...

≫続きを読む

国民の休日

昭和60年の国民の祝日に関する法律」改正により規定された制度で、その後、平成平成19年に現在の形に改正されました。「その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする」という規定が盛り込まれました。すなわち、国民の祝日に挟まれた平日を休日にして、飛び石連休を完全...

≫続きを読む