日本の祝祭日

新嘗祭(11月23日)

明治6年の「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」制定当初から祭日と定められています。

同法律は大正元年に廃止となりましたが、同年に制定された「休日ニ關スル件」においても、祭日とされています。

昭和23年の「国民の祝日に関する法律」では「新嘗祭」としての祭日ではなくなりましたが、「勤労感謝の日」として国民の休日とされています。

 

「新嘗祭」は、その年に収穫された新穀や新酒を、天皇が天照大御神をはじめとする天地の神々にお供えし、その年の収穫を感謝し、御時からも食する儀式で、宮中祭祀の一つで大祭です。

 

古くから五穀の収穫を祝う風習があり、飛鳥時代より「新嘗祭」が始められたといわれています。

一時期中断されていましたが、元禄時代に復活し、現在まで続いています。

新嘗祭関連ページ

四方節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
新年宴会
日本の祝日および祭日についての情報サイト
紀元節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
天長節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
天長節祝日
日本の祝日および祭日についての情報サイト
明治節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
元始祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
孝明天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
春季皇霊祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
神武天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
明治天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
秋季皇霊祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
大正天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
神嘗祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト