日本の祝祭日

神嘗祭

明治6年の「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」制定当初から祭日と定められています。

制定当初は9月17日でしたが、この時期では稲穂の生育が不十分であるため、明治12年の同法改正により、一月後の10月17日に変更されました。

同法律は大正元年に廃止となりましたが、同年に制定された「休日ニ關スル件」においても、祭日とされています。

昭和23年の「国民の祝日に関する法律」では休日ではなくなりましたが、儀式自体は現在もがおこなわれています。

 

「神嘗祭」は五穀豊穣を感謝するため、その年の初穂を天照大御神に奉納するお祭りで、宮中祭祀の一つで大祭です。

 

古くから「神嘗祭」では皇室から神宮に幣帛使(祭祀における神への献上物を奉納するための使者)が派遣されていましたが、応仁の乱ののちはたびたび中断されるようになりました。

その後、正保4年(西暦1647年)に幣帛使が復活して以来、現在まで途切れることなく行われています。

神嘗祭関連ページ

四方節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
新年宴会
日本の祝日および祭日についての情報サイト
紀元節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
天長節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
天長節祝日
日本の祝日および祭日についての情報サイト
明治節
日本の祝日および祭日についての情報サイト
元始祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
孝明天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
春季皇霊祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
神武天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
明治天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
秋季皇霊祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
新嘗祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト
大正天皇祭
日本の祝日および祭日についての情報サイト